ブラック 審査 甘い 金融 即日融資

審査が甘くブラックでも即日融資可能な金融業者とは

 

どんな人がブラックになってしまうの?

 

キャッシングを利用する際、『返済する』という事を前提にして融資を受けますよね。
しかし、どうやりくりをしても返済が困難になってしまうという方もいます。

 

キャッシングは10万円の融資を受けたら返済の際に数千円ずつを毎月分割で返済することも可能なわけです。

 

それでも返せないというのはよっぽど困窮した状態だといえるでしょう。

 

何ヶ月も返済日を過ぎても滞納を続けたり、音信不通となって借金から逃げた方、
多重債務者となって首が回らなくなってしまい、自己破産などの債務整理をした方というのは、金融業者が共有している信用情報機関に金融事故として記載されます。
この状態をブラックと言います。

 

『借金が返せなくなったからブラックになる』というのは自覚もあるでしょうし、大手消費者金融や銀行カードローンの審査を申し込んでも審査に落ちるというのは納得できるでしょう。

 

しかし、キャッシングの滞納をしたことはないのに審査に通らずブラックになってしまったという場合もあります。

 

『信用情報機関』にはキャッシングの履歴や滞納したこと以外にクレジットカードの支払いの対応、携帯電話料金の滞納など、あなたの金融に関する過去が全て記載されていると思ってください。

 

最近では携帯電話料金の支払いはクレジットカードが主流となっていませんか?

 

スマホは、機種の料金が数万円と高額ですが、携帯料金に月々合算して請求されている方がほとんどだと思います。

 

クレジットカードの滞納イコール携帯電話料金の滞納となり、ブラックとなってしまい、キャッシングの審査を受けても通らないという方もいます。

 

『滞納なんて今までした事はない!今回が初めてのキャッシングなのに審査に通らないのはなぜだ』という方。

 

キャッシング初心者なのにブラックになってしまう可能性は『申し込みブラック』となっている可能性です。

 

これは、『A社とB社、どちらも即日融資が受けれて金利も低金利。大手だし安心だから』と2社同時に融資申し込みをネットで行った場合、
信用情報機関には『この方は今A社とB社同時に融資申し込み中である』という情報が共有されています。

 

業者側は『そんなにお金に困っているなら返済は難しいのでは…』と判断されてしまいます。

 

審査に通ったほうから融資を受けることを申し込んだ後に選択できるわけではありませんし、お試しで審査に受かるか試してみたというのも通用しません。

 

申し込みブラックとなってしまえば半年間はどの金融業者に審査を申し込んでも審査には通らなくなってしまいますから、自分の希望する条件にぴったりの金融業者を一社に絞って審査申し込みをするようにしてくださいね。

 

審査が甘い金融業者は存在するのでしょうか。

 

『審査』という言葉が威圧的だと感じる方は少なからずいるかとおもいます。
審査に落ちたとなれば、なぜか人間的に否定されたような気持ちになってしまうという方もいて、他の手立てを考える気力もなくしてしまう方がいます。

 

審査に受からない理由というのはそれぞれあるのですが、金融業者選びを間違えている場合も考えられます。

 

金融業者は、キャッシングの申し込みをうけて審査に進む際、まず何を第一条件としていると思いますか?

 

それは『職についている方で安定した収入を得ている』ことです。

 

無職なのにキャッシングの申し込みをしても審査に受かることはないでしょう。

 

職に就くという条件は、何も正社員でないといけないなんてことはありません。
アルバイトであってもパートであっても、派遣社員でもしっかりを職に就いて安定した収入を得ていれば借り入れは可能です。

 

『他社からの借り入れが0ではない』という方もいるでしょう。
借り入れシュミレーションなどを利用した方は知っているかと思いますが、審査において他者からの借り入れがいくらかについては必ず申告しなければなりません。

 

複数の会社から高額な借り入れをすでに行っていて返済出来ないだろうと判断された場合にも審査にはおちてしまう可能性があります。

 

正直なところ、全うな営業をしている金融業者であれば審査をしないで即日融資をしてくれる業者はありません。

 

しかし世の中には『無審査で融資可能』『ブラックでも貸します』などと甘い審査をウリに勧誘する広告は存在します。

 

たしかにブラックでも融資をしてくれたり、多重債務者であっても融資はしてくれるかもしれません。
しかしそれは闇金である可能性が非常に高く、法外な金利をつけて返済しなければならなかったり、回収方法も非道です。

 

最近ではドラマや漫画などで描かれている闇金のほかにも『詐欺集団』のような闇金も存在します。

 

貸してくれる業者を紹介して手数料を取る紹介屋・10日に一割の金利など高利貸しのトイチ。
ギャンブル依存症をターゲットにするデリバリー金融・所在地を明らかにせずに喫茶店などで契約をする闇金などこれ以外にも様々な手口があります。

 

『審査が甘いキャッシング』という名目で見つけた金融業者が闇金ではないかについては自分の目で見極める他ありません。

 

融資希望額によって審査申し込みをする業者選びをしよう

 

給料日までの生活を何とかする為のキャッシング。
ボーナスまで我慢できない!などショッピングの為のキャッシング。

 

一時的な金欠を救うために小額のキャッシングを利用する場合、できれば金利が安いほうが良いですよね。

 

世間的には消費者金融は金利が高く銀行カードローンは比較的低金利だと言われています。

 

しかし低金利の銀行カードローンにも勝るのが消費者金融の無利息ローン。

 

最近ではキャンペーンや初回利用限定で一定期間の間に完済すれば金利0で借り入れすることができるという業者も出現しています。

 

短期間のキャッシングを利用したいなら低金利の銀行カードローン以外にも無利息機関のある消費者金融も検討してみると良いでしょう。

 

最近では『車の購入の為』だったり、『結婚式の資金の為』にとキャッシングを利用する方も増えています。

 

生活を助けるためのキャッシングよりは高額な融資額を希望することになるでしょう。

 

この時、『総重量規制』をしっかり理解していないと、審査に通らないなんて可能性が出てきてしまいます。

 

平成18年12月から貸金業法では個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される総重量規制が成立しました。

 

もし年収300万円の方なら100万円までしか借り入れができないという事です。
この条件で『200万の借り入れがしたい』と申し込みをしても融資を受けることはできません。

 

もし他社での借り入れが20万残っていて、新たに100万の融資をうけようとしても、借り入れの総額が120万となってしまうために融資が受けられないのです。

 

では年収が300万円の方はどこからも100万円以上の融資を受けれないのか。と思ってしまいますが、賃金業法の対象は消費者金融とクレジットカード会社であり、銀行や信用金庫、労働金庫などは貸金業者ではないのです。

 

総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の規制の対象外ですから、消費者金融へ審査の申し込みをするのではなく銀行カードローンで総重量規制を受けないキャッシングを利用しなければならないのです。

 

審査申し込みの前に借り入れ診断や返済シュミレーションを利用してみよう

 

審査に通るか不安・この金利なら月々の返済はどのくらいになるのだろう。
審査に申し込む前に不安なことってありますよね。

 

審査に通過するか不安な方は借り入れ診断を利用してみましょう。
簡単な項目に記入したら数秒で融資可能か不可能かが判断され審査申し込みの自信に繋がるでしょう。

 

業者選びに迷っているのでしたら、返済シュミレーションを利用して、月々の返済額や金利を含めた返済総額を見比べて業者を決定することで計画的なキャッシングができるのではないでしょうか。

 

返済期間を短くしたいという場合にも希望額と返済期間、金利を入力するだけで簡単にわかります。